専門ユニット2/山内研セミナー(2020/10/13)

関連サイトと資料

環境構築

  1. Anacondaをダウンロード・インストールしてください。
  2. VSCode(Visual Studio Code)をダウンロード・インストールしてください。
  3. 下の図の赤丸をクリックして、コマンドプロンプトを開いてください。


  4. 下の図のように、コマンド「conda create -n labo2020 python=3.6」と入力して、エンターキーを押してください。 後で「Proceed ([y]/n)?」と聞いてくるので、「y」と入力してエンターキーを押してください。


  5. VSCodeを起動します。そして、下の図のように、「拡張」アイコンをクリックします。


  6. 下の図のように、テキストボックスに「japa」と入力して、最初に表示される拡張機能の「Install」アイコンをクリックします。 インストールが完了したら、VSCodeを一度終了して再度起動します。


  7. 下の図のように、テキストボックスに「python」と入力して、最初に表示される拡張機能の「インストール」アイコンをクリックします。 インストールが完了したら、VSCodeを一度終了して再度起動します。


  8. マイドキュメントの「Python Scripts」フォルダの下に「labo2020」フォルダーを作成し、その下に「20201013」フォルダーを作成します。
  9. 「20201013」フォルダーの下に、vscode.zipをダウンロードして解凍してできた「.vscode」フォルダーを移動します。
  10. 移動した「.vscode」フォルダーの中にある「settings.json」ファイルを、VSCodeで開き(メニュー「ファイル」ー「ファイルを開く...」)自分の環境に合わせて編集して保存する。

  11. {
        "python.pythonPath": "C:/Users/admin/Anaconda3/envs/labo2020/python.exe",
        "python.autoComplete.extraPaths": [
            "C:/Users/admin/Anaconda3/envs/labo2020/Lib/site-packages"
        ]
    }
          
  12. VSCodeのメニュー「ファイル」ー「フォルダーを開く...」で「20201013」フォルダーを開く。 そして、下の図のように「新規作成」アイコンをクリックし、「test1.py」と入力してエンターキーを押す。

  13. 右側のペインに「print('Hello!')」と入力して、保存してからメニュー「実行」ー「デバッグなしで実行」で実行してみる。

サンプルプログラム

test1.py
languages = ['Python', 'Ruby', 'PHP']
print(languages)
print(languages[1])
    

test2.py
languages = ['Python', 'Ruby', 'PHP']
   
for language in languages:
    print('Hello ', language)
    

test3.py
strlist = list('Python')  # 'P'、'y'、't'、'h'、'o'、'n'を要素とするリストを作成
print(strlist)
intlist = list(range(10))  # 整数値0~9を要素とするリストを作成
print(intlist)
somelist = list(intlist)  # リストからリストを作成
print(somelist)
    

test4.py
intlist = [0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9]
print(intlist[1:4])  # インデックス1からインデックス3までの3つの要素を取得
print(intlist[:3])   # インデックス0からインデックス2までの3つの要素を取得
print(intlist[5:])   # インデックス5以降の要素を取得
print(intlist[1:9:2])  # インデックス1~8までの範囲にある要素を1つ飛ばしで取得
print(intlist[::-2])
    

test5.py
intlist = []
for num in range(10,-1,-1):
    intlist.append(num)
  
print(intlist)
    

test6.py
intlist = [num for num in range(10,-11,-1)]
print(intlist)
    

test7.py
list1 = [num * 2 for num in range(10)]  # 0、2、4、……、18を要素とするリスト
list2 = [num * num for num in range(10) if num % 2 == 0]  # numが偶数のときに二乗
   
print(list1)
print(list2)
    

test8.py
list1 = ['x={0} y={1}'.format(x,y) for y in range(1, 10) for x in range(1, 10)]
   
print(list1)
    

1.3.1 キーコネクタを探せ

辞書形式のユーザリスト
users = [
  { "id": 0, "name": "Hero" },
  { "id": 1, "name": "Dunn" },
  { "id": 2, "name": "Sue" },
  { "id": 3, "name": "Chi" },
  { "id": 4, "name": "Thor" },
  { "id": 5, "name": "Clive" },
  { "id": 6, "name": "Hicks" },
  { "id": 7, "name": "Devin" },
  { "id": 8, "name": "Kate" },
  { "id": 9, "name": "Klein" }
]
    

交友関係のデータ
friendship_pairs = [(0, 1), (0, 2), (1, 2), (1, 3), (2, 3), (3, 4),
  (4, 5), (5, 6), (5, 7), (6, 8), (7, 8), (8, 9)]